Pixel 3をAndroid Flashツールで初期化&ブートローダーをリロックする

Android

Snapdragon 845の検証も終わったし、同じ役割が出来てバッテリー持ちもスペックも良いXiaomi Mi 9T Proを買ったので、Pixel 3が完全に要らない子になりました。

ブートローダーアンロックだったりROM焼き、root化したり散々遊んで飽きたので、売却するためにブートローダーリロックだったり次のオーナーがいるかもしれないので、それ相応の状態に戻します。

Android Flashツールで楽に完全初期化

この前、Pixel 6にAndroid 13を強制フラッシュしたときに使用した、Googleが提供するAndroid Flashツールが最も簡単かつ安全に仕事してくれるのでAndroid Flashツールを使います。

Pixel 3のAndroid 12ビルドフラッシュへアクセスし、FastBootモードのPixel 3とadb環境のPCを接続。

Android Flashツール側のadbアクセスを許可。

インストールするビルド内容をカスタムし、確認後ビルドのインストールを開始。

今回は手放すためにFactoryROMをフラッシュするので、デバイスのワイプ(初期化)、ブートローダーのロック、念のため、a/bパーティション両方へ強制フラッシュにチェックしインストールしました。

インストールを開始すれば、後は自動でAndroid Flashツール側で操作してくれるのでROMがフラッシュされるまで待機。

FactoryROMフラッシュ後に、ブートローダーリロックだけはデバイスのブートローダーから手動でロックしないといけないので実機を操作します。

デバイスのロックを”始める”で、Android Flashツール側がコマンドを打ってくれるので、音量キーを操作して”Locl the bootloader”を選択しリロック。ロックされてれば”Device state:locked”になってます。

あとはシステムへ再起動すれば、フラッシュしたAndroid 12のFactoryROMが初期化された状態で起動。

ブートローダーもリロックされてるので手放しても問題ない状態に戻りました。

あとがき

17440円で本体のみのBランク品をイオシスで買って、キャッチ・アンド・リリースでイオシスに売りました。

デバイスの保護は適当にしてたので査定結果はCランク品扱いの7000円でした。

Mi 9T Proを買ったときの領収書を使って買い替え10%UP適用で7700円で手放せたので、まぁまぁ悪くないです。

4年前の付属品すらない傷ありPixel 3が5000円じゃなくて7000円ならマシ。他にも要らない子達もまとめて手放したので、トータル44220円。

A54が550円、Axon 10 Proが3.5万円、Rakuten Hand 5Gが3000円、Pixel 3が17440円でトータル55990円だったので、差し引き11770円程度で済みました。

た だ し…

・今年に入ってからスマホだけで中古含めて6台(トータル12万円分)

・物欲に負けてTOPPING L30&E30とMOGAMI 2549を買って32300円

・クーポンとかがあったとはいえ、SSD換装にSamsung 980 1TBを1万円

・GTX 1660sを生贄にして6.1万円のRX 6600 XTを約4万円で購入、ついでにDDR4メモリ16GB分を9380円で買う

・某ゲームでSnapdragon 855のデータが必要だなぁ…で、中古AランクのXiaomi Mi 9T Proを22440円で買う

って具合で、他にもちょいちょいフィルムとかケース類の小物を買ったり、原神にほんの少ーし課金したり、10月にはサーバーの利用更新代1万円弱が飛んでくので既に9月までの時点で趣味とはいえ30万円弱くらい使ってます。金銭感覚やーばい。

売って買ってのスパイラルしてるのと、多少ブログでもお小遣い入って来てるので…実質の消費は差し引き20万円くらいですが…20代のうちからこれじゃまずーいって自覚あります。

円安と低賃金どうにかならんですかねぇ…、それかブログが毎月1万円生み出してくれるようになるトカ…。

物欲とやりたいことは多いのに、若いとおかーねが足りんのはドウシテ…。