「YouTube Vanced」導入手順やログインエラー対処について

Android

改造版YouTubeの「YouTube Vanced」インストール手順と、ログインエラーの対処についてざっくり解説します。

【2022/3/14:追記】Vanced側がGoogleから法的措置を受けて開発・サービス停止になりました。一応、この記事はこのまま残します。

「YouTube Vanced」について

「YouTube Vanced」は、YouTube公式のアプリを改造したアプリです。

さまざまな機能の追加と広告削除など、YouTube公式アプリの歯痒い部分が改良されています。

非公式の改造アプリなので、ログインやら自己責任にはなりますが、野良アプリ群の中でもトップクラスに便利なアプリです。

追加された機能

  • YouTube広告のブロック(種類別にブロックも可能)
  • バックグラウンドでの再生/停止
  • Picture in Picture(PiP)
  • ジェスチャー(スワイプ)での輝度・音量変更
  • リピート再生

…など。他にも端末名の上書きや、解像度の変更など色々出来ます。

ダウンロードリンク

インストール

ダウンロードしたapkファイルで「Vanced Manager」をインストールします。

「Vanced Manager」を開き、画面の指示通りに進み「microG」と「YouTube Vanced」の本体をダウンロード。

本体のダウンロード時に「microGのバグ」と表示されますが、無視します。

アプリの導入自体はこれで完了です。

Googleアカウントのログイン

「YouTube Vanced」の設定をする前に、先にGoogleアカウントのログインを済ませます。

バージョンによっては、アカウントのログイン後にアプリがバグり、読み込み中のままになります。

この場合は「microG」と「YouTube Vanced」本体を一度アンイストールして「Vanced Manager」のデータを消去して初期化することで、ログイン手順をやり直せます。

初期状態であれば、問題なくログイン可能で、そのままアプリの更新が出来ます。

各種設定

「Vanced」の設定から、広告や細かい設定が行えます。

「Sponser block」の設定は種類(セグメント)別に広告をブロックするかどうかの設定です。

特定の広告は見たいという物好きな方向けなので、私はいじってません。

コーデックの上書き

有効化すると、新しいコーデックの「VP9」を強制的に有効化します。

「VP9」について軽く調べた限り、Google開発のオープンかつロイヤリティーフリーの動画圧縮のコーデックみたいです。

「VP9」は、同じ画質で「VP8」の半分のビットレート(圧縮率2倍)での配信が可能らしい…です。

新しいと言いつつ、初版が8年前の2012年のモノで、Androidだと4.4(KitKat)くらいからデコーダを積んでるらしいです。

公式のYouTubeでも、2017年にH.264からVP9に絞り出していて、PC系でもVP9のハードウェア・デコードに対応してCPU・GPUに過大な負荷をかけることなく再生できるようになったらしいです。

とは言え、2016年3月31日の「v0.6」を最後に更新されておらず、未完成のままらしいので何とも。

つまるところ、有効化に関しては「どっちでもいいし、どうでもいい」です。はい。

【参考】

動画設定

動画の速度や通信環境での画質に関する項目です。

項目内容
最大解像度全ての解像度を選択可能に。(720pまでの端末で1080pを選択可能など…)
Wi-Fi通信で優先する画質Wi-Fi接続時に優先する、デフォルトの画質を設定。
モバイル通信で優先する画質モバイル通信時に優先する、デフォルトの画質を設定。
優先する再生速度デフォルトの再生速度(倍速など)を指定。

広告の設定

広告無効化の設定。コメント欄以外邪魔なので無効化してます。

項目内容
ホームの広告(試験的)ホーム画面の広告を削除。
一般的なレイアウトの広告の削除一般的な広告を削除。(広告内容は不明)
商品返品課金枠(映画など)の返品ボタンの無効化。(予想)
コミュニティの投稿を削除コミュニティ(画像やテキストを投稿できる機能)の投稿削除。
YouTubeムービーの削除YouTubeムービー(PV含む)購入・レンタルなどを促すボタンの削除。
コンパクトなバナーの削除不明。
コメント欄の削除コメント欄の無効化。
コンパクトな動画の削除不明。
ムービー棚の削除不明。
アンケートの削除不明。
コミュニティガイドライン不明。

レイアウト設定

アプリ内レイアウトの項目。初期のままです。

項目内容
YouTubeストーリー(試験的)ホームに表示されるストーリーを非表示に。
エンドカード不明。
カード不明。
ブランディング ロゴ全画面で再生する場合、右下に表示される画像を表示(非表示)に。
キャスト ボタンキャスト機能を有効化(無効化)。
タブレット ミニプレイヤー小窓再生時の表示を、試験的タブレット表示に変更。
コメントの場所(アルファ)コメント欄を以前(恐らく旧Ver.)の位置・表示に。(試験的)
広い検索バー検索ボタンを、広い検索バーに置き換え。
Dark Theme(開発者向け)ダークテーマの適用。(全般とは別)

その他

その他、細かい設定。

YouTube公式アプリだと、ストレスにしかならなかった操作感を改善出来ます。

特に、シークバーのタップは可能・不可能で寿命が伸びるレベル。

項目内容
自動リピートボタン動画再生時の操作パネルに、リピートするボタンを表示。
自動リピート動画再生終了後に、自動的にリピート再生に変更。(ループ再生)
リンクをコピー(タイムスタンプ付き)タイムスタンプ付きでリンクをコピーするボタンの表示(非表示)。
リンクをコピーリンクをコピーするボタンの表示(非表示)。
HDR最大輝度HDR動画を全画面で再生する場合に、画面の明るさを自動で最大に。
シークバーのタップシークバー操作をする際、スワイプではなくタップのみで操作可能に。
ExoPlayer V2実験的な「ExoPlayer V2」を有効化。

※「ExoPlayer V2」は、環境によって不安定なので無効化を推奨。

スワイプコントロール

画面スワイプで色々操作出来るようにする設定。

…正直無くても変わりませんが。

項目内容
明るさのスワイプコントロールスワイプでの輝度調整を有効化。
音量のスワイプコントロールスワイプでの音量調整を有効化。
スワイプのしきい値スワイプしたときに行う、音量(輝度調整)をpx単位で指定。
スワイプ余白画面上部に、スワイプ機能が反応しない余白の範囲をpx単位で指定。

バッファ設定

ここの設定は、デフォルトのままいじらない方が良いです。

項目内容
バッファの最大値バッファ量(一度に読み込むサイズ)の最大値を指定。
再生開始どれくらいの量、読み込みが完了したら再生を開始するのか指定。
再バッファ読み込みが間に合わない場合に、どれくらい前に一時停止するのか指定。

使ってみる

ベースがYouTube公式アプリなので「YouTube Vanced」の操作感は、ほぼ公式の”それ”と変わりません。

細かい部分まで設定出来るので、YouTube公式アプリで歯痒い所が使いやすくて快適です。

もちろん、課金しないと楽しみが途切れるYouTube公式アプリと違い、広告なし、バックグラウンドやPIPでの再生も出来ます。

今後について

Vanced側がGoogleから法的措置を受けて開発・サービス停止になりました。

元々限りなくブラックに近いグレーゾーンのアプリだったので、利用は自己責任であり、使えなくなっても仕方ない部類なので「YouTube Vanced」”の”継続利用は諦めた方が早いです。

一応、目を通した限りでは既にインストール済みのAndroidではまだ暫くは使えるみたいですが、開発から更新などが来ないので結局は後々使えなくなります。

逃げ道として、オープンソースの「Newpipe」、Newpipeを介した「SkyTube」が大体手段として存在します。

ただ、どちらも操作はYouTubeアプリとはかなり異なっているのでそこまでおすすめしません。

金払ってPremium化するか、そもそもスマホでYouTube視聴を辞めてPCに移動した方が幸せになれます。

まとめ

良い点

  • YouTubeの広告を見なくて済む(任意の広告のみにも可能)
  • バックグラウンド、ピクチャー・イン・ピクチャーでの再生
  • ジェスチャー(スワイプ)で輝度や音量の調整が可能
  • YouTube公式アプリで歯痒い部分だった、シークバーのタップ操作や自動ループ再生が可能
  • 公式の”それ”と変わりない操作感
  • 端末の画面スペックに関係なく1440pや2160pで再生可能

欠点

  • バージョンによってはログイン後にアプリがバグる
  • 3つのアプリをインストールする手間と容量が地味に面倒
  • ログインが「microG」を介しているので、バックグラウンドで勝手に動作している
  • …アイコンがまさに”ソレ”と言った感じでダサい