軽量版のLINE「LINE Lite」を試してみる

Android

日本では、スマホのメッセンジャー≒LINEというレベルで、多くの方が利用していますが、通常版のLINEは無駄な機能が多すぎて正直うんざりしていました。

そこで、以前から存在だけは知っていた軽量版のLINE「LINE Lite」を試してみます。

ただ、先に言ってしまうと「LINE Lite」に乗り換えたかったのですが、乗り換えは断念しました。

【2022/1/29追記】2022年2月28日でLite版のサービス終了のアナウンスが出ました。

この記事自体は記録として残しますが、サブに便利だったLINE Liteはもう使えなくなります。

「LINE Lite」について

「LINE Lite」は、通常版のLINEと同じ「LINE」が提供しているSNSアプリです。

主に、ネットワークインフラ整備の整っていない地域や、ローエンド端末でも使えるように軽量化されたLINEアプリです。

日本や中国などの9カ国を除いた全世界で配信されています。

が、apkを利用すれば、野良アプリとして普通に使用出来ます。

通常版と同じ機能

  • 友達(グループ)での、通話・トーク
  • 友達の追加(公式アカウント可)
  • 通知関連の機能
  • スタンプのダウンロード(通常版で購入した場合のみ)

削ぎ落とした機能

  • タイムライン
  • LINEニュース
  • LINE Pay
  • テーマやスタンプの購入
  • トーク履歴の引き継ぎ…など

ダウンロードリンク

インストール

今回は「APKPure」から、apkをダウンロードしてインストールしました。

設定

ログインや新規作成など、基本的に通常版LINEと同じです。

特に設定しなくても、日本語に対応していました。

私は通常版のLINEからの乗り換えなので、ログインを選択。

各種設定も、ほぼほぼ通常版のLINEと同じです。

テーマやスタンプショップから新規購入は、項目がないので出来ませんが、利用していたスタンプはダウンロードして使用出来ます。

また「画面モード」から「ナイトモード」に変更することで、ダークテーマを使用出来ます。

使ってみる

ホームUIが、トークした相手の表示のみで、タイムラインやニュースがなくとてもスッキリしていて、見やすいです。

トークも、無駄な機能がなくシンプルで良いです。

「LINE」と「LINE Lite」のログイン活用

「LINE」側で「ログイン許可」「パスワードでのログイン」をオンにしておけば「LINE」と「LINE Lite」での同時ログインが可能です。

これを活用し、メインとサブなど2台の端末で同じLINEアカウントを使用出来ます。(これを目的として利用される方も多いんだとかなんとか)

ちなみに1台の端末で「LINE」と「LINE Lite」同時に使用するとかいう無駄も出来ます。

「LINE Lite」に乗り換えられなかった理由

個人的に、通常版「LINE」より「LINE Lite」の方がシンプルで気に入ったのですが、乗り換えられませんでした。

理由としては、以下の点があります。

  • 「LINEモバイル」のデータ残量の確認が、トークから出来ない。
  • 「LINE」の「LINE Pay」は不要だが「LINE Lite」+「LINE Pay」での利用が出来ない。
  • 同様に「PC版」+「LINE Lite」も不可。

と、各種サービスへのログインには通常版「LINE」が必要な為、結局通常版が必要になってしまいました。

「LINE Pay」を利用しているが、どうしても「LINE Pay」アプリをインストールしたくなくて、ウォレットの確認に「LINE」を利用していたのも起因して、結局乗り換えは断念しました。

現在は、玩具として使っているサブスマホに入れて使ってます。

まとめ

「LINE Lite」良い点

  • 無駄な機能がなくシンプル。
  • トークや通話など、基本的には通常版「LINE」と遜色なし。
  • ログイン機能で、2台の端末で同じLINEアカウントを使用可能。
  • タイムラインやニュースが不要な場合は「LINE Lite」で事足りる。
  • ダークテーマ、スタンプの使用が可能。

「LINE Lite」欠点

  • 通常版「LINE」から削られた機能が必要な場合は、結局「LINE」が必要。
  • 各種ログイン時に「LINE」の代替アプリにはならない。
  • バックアップ不可。