【レビュー】「JONSBO U4」で組むミニマルで上品な自作PC

PC

メインPCの電源交換ついでに、1年半使用して見飽きてしまった「NZXT H510i」からケース交換もしたかったので「JONSBO U4」にケース交換&レビューします。

「JONSBO U4」

スペック・仕様

型番U4
カラーブラック/シルバー/レッド/ブルー/ブラック+レッド
内部ベイ・3.5インチ×1 + 2.5インチ×3 または
・3.5インチ×2 + 2.5インチ×2
拡張スロット7
対応マザーボードMini-ITX/M-ATX/ATX(Within 305mm×245mm)
対応電源ATX PSⅡ規格の電源(Max:250mmまで)
フロントポートUSB3.0×2/Audio×1/Mic×1
材質アルミニウム
ケースサイズ205mm(幅)×428mm(高さ)×340mm(奥行き)
左サイドガラスパネルスモーク 5mm厚(強化ガラス)
ケース重量4.8Kg
搭載可能VGA長Max:310mmまで
搭載可能CPUクーラー高170mm
ファン搭載可能数・フロント 120mm×2
・リア 120mm×1
・ボトム 120mm×1
付属ファンリア 120mm×1 3pin(DV12 0.25A 25dB)
販売JONSBO SHENZHEN TECHNOLOGY(本社:中国)
株式会社アイティーシー(日本の代理店)
製造JONSBO SHENZHEN TECHNOLOGY

開封・外観

「NZXT H510i」と見比べつつ「JONSBO U4」を開封。

ATXマザー対応ながら、箱の段階で既にちっちゃいです。

「H510i」も比較的コンパクトなケースですが、「JONSBO U4」はそれ以上にコンパクト。

購入理由

ケース交換したかったのもありますが「NZXT H510i」程のケースから、何故「JONSBO U4」に交換するのか。

一言で表すなら「JONSBO U4」が、個人的に「最高のPCケースだから」です。

私がPCケースを選定し、求める条件が…

  • 机に置いても問題ない大きさ(小さい程良い)
  • それでもATXサイズは、譲れない。
  • シンプルなデザイン。
  • 余計な5インチベイなどはいらない。
  • 電源は絶対に下側。横とか上はありえない。
  • サイドはガラスパネル、フロントは非ガラス。
  • PCは左側一択なので「RAIJINTEK」は無理。
  • それでも小さくてコンパクトでデザインのシンプルなケースが良い。

これら全てが「JONSBO U4」には詰まってます。

冷却性能とか拡張性なんてモノは度外視です。

「JONSBO U4」の購入は2回目のリピート購入で、シルバーを選定したのは「B450 steel legend」に合いそうだったから。

それくらい「JONSBO U4」はドンピシャです。(あと、7kなんで財布に優しい)

組み立て作業

スペーサーの取り付け

パーツを組み付ける前に、付属のスペーサーを取り付けておきます。

スペーサーの高さが10mm弱なので、電源によってはケーブルをマザーの下に通して裏配線のように出来ます。

電源の固定

電源を固定します。

付属のネジにワッシャーを付けておきます。

こんな感じでネジ固定。

マザーボードの固定とフロントポートの接続

マザーボードをケースに入れる前に、ある程度ケーブルの位置出し。

マザーの固定部分を撮り忘れました…が、まぁ9箇所ネジ固定なだけなので面白くも何とも。

フロントポート類のケーブルも大まかにまとめて、インシュロックで固定。

マザーのヘッダーに接続。

ケースファンの配線整理

そのままケースファンを配線すると、ケーブルが余って見た目が悪いです。

ちょこっと改善します。

ケーブルをファン外周で1周させます。

ケーブル余りが出来ないように引っ張り、インシュロックでネジ穴にケーブルを固定。

これでケースファンのケーブルがスッキリします。

CPUクーラーとグラボの取り付け

取り付けに邪魔なので外した、CPUクーラーとグラボの取り付け。

拡張スロットのカバーとネジ固定されているブラケットを外し、グラボと補助電源コネクタを取り付け。

配線まとめ後

ある程度、配線をまとめた内部はこんな感じです。

必要最低限のパーツとケーブルしか指してないので、結構スッキリしていると思います。

取り敢えず、起動確認とペリペリを済ませました。

完成後

ガラスパネルを閉じて、電源を入れるとこんな感じです。

ガラスがスモークなので、パーツのLEDが程良い感じになってます。

派手すぎず、素っ気なくもなく、上品な光り方のミニマルなPCに仕上がりました。

ただただシンプルで上質なデザイン、そしてコンパクト。

「最高」です。

ただ、流石に窒息気味の「JONSBO U4」に排気ファン1つだと冷却性能は足りてなさそうですが…。

まとめ

良い点

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • ATX対応でありながら最小クラスにコンパクト
  • スモークガラスのおかげでLEDでの装飾が映える
  • 意外に配線はしやすい
  • フロントUSBポートが上や正面ではなく、机上で使いやすい”横”配置
  • 「NZXT」や「Fractal Design」程ではないが、配線や見た目に配慮された工夫
  • アルミの加工精度の高さ
  • このケースが7,000円台で購入出来る、お得感と満足度

欠点

  • エアフローや冷却性能は悪い(やや窒息気味)
  • 付属ファンが3pin制御なので、やや音が気になる
  • 工夫されてはいるがある程度慣れていないと苦労する独特の設計
  • 無理をすれば簡易水冷なども使用は出来るが、あくまで空冷前提
  • デザイン全振りの為、メンテナンス性は悪い