【レビュー】上品な光り具合が魅力的な「Corsair ML120 Pro」

パソコン

「JONSBO U4」に増設するための排気用ケースファンとして、NASAが作ったらでお馴染みCorsairの「ML120 Pro」を購入したので軽くレビューします。

「Corsair ML120 Pro」

スペック・仕様

製品名ML120 PRO
ML120 PRO LED White
ML120 PRO LED Red
ML120 PRO LED Blue
型番CO-9050040-WW
CO-9050041-WW
CO-9050042-WW
CO-9050043-WW
サイズ120mm×120mm×25mm(モデル共通)
重量約192g
ブレード数7
コネクタ4Pin(PWM対応)
回転数400-2,400rpm
風量12-75CFM
静圧0.2-4.2mmH20
ノイズ16-37dB
ベアリング磁気ベアリング
保証期間5年
製造・販売・CORSAIR Inc.(米国)

・株式会社アスク
・株式会社リンクスインターナショナル

開封・外観

4モデル展開されている「ML120 Pro」シリーズから、今回は「WhiteLed」をチョイス。

最初は「Air Series AF120」と悩みましたが、製品画像を拝見した限り「ML120 Pro」の光り方が、私の好みと今回のPCコンセプトにマッチしていました。

「ML120 Pro」のパッケージはこんな感じ。

流石、PCパーツでは大手の「Corsair」梱包はスケスケなプラではなく、箱入りです。

製品名の部分も銀色に輝いていて、”PRO”の名に恥じぬ佇まいです。(…流石は元高級ファン)

取り出すとこんな感じ。

内容物は…

  • ファン本体
  • 固定用ネジ×4
  • マニュアル類

接続コネクタは、PWM制御可能な4Pinで、きしめんフラットタイプ。

使用感

騒音

音に関しては、はっきり言うと”うるさい”です。

とはいえ、最大回転数2,400rpmで排気ファンとしての利用なので、音が気になるのも仕方ないかもしれません。

回転数を50%にして1,200rpmに絞っても「ゴォォォ…」とノイズが耳につくので、bios上で45%に固定しています。

同日に購入した「Wonder Snail 120」が、1200rpmながら騒音が全く気にならず、気に入ったため「ML120 Pro」は単体で2,000円超えの価格を考慮すると微妙。

風量

音を犠牲にした分、風量に関しては多いです。

静圧が「0.2-4.2mmH20」程度なのでラジエーター周りの吸気としても良いかと。

若干うるさい以外、良くも悪くも”普通”過ぎてレビューし辛い…。

光り方

ケース内に組み込んで、LEDを発光させるとこんな感じ。

控えめな光り方で、落ち着きがあって上品でとても好きな具合です。

Ryzenリテールの「Wraith PRISM」との親和性では、前に使用していたの「NZXT H510i」と「IN WIN Sirius Loop」の組み合わせも好きでしたが「ML120 Pro」は”上品”という点では格別。

…正直、音に目を瞑っても良いレベルです。

まとめ

良い点

  • 控えめで上品な光り具合
  • 元高級ファンで”PRO”相応のデザイン
  • 400-2,400rpmでPWM対応
  • 風量・静圧の性能は”PRO”級

欠点

  • 結構うるさい
  • きしめんフラットはやや固めで、正直配線整理しにくい
  • 2,000円超えの価格が性能に見合うかどうかは人による
  • 良くも悪くも”普通”なケースファン
¥2,269 (2021/12/22 00:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場