普段使用している「Anker」のUSB充電アクセサリー紹介

その他

追加購入した「Anker」のUSBケーブルの紹介と、前に書いた記事の焼き直しがてら、私が普段使用している「Anker」のUSB充電アクセサリー紹介します。

USBケーブル

PowerLine USB-C & USB-A 3.0

最近買ったケーブルです。

「PowerLineシリーズ」は「PowerLine Ⅲ」とか「PowerLine II(Gen2)」とか、ぐちゃぐちゃなラインナップで分かりにくいですが、これは所謂無印的なモデル。

0.9mで、USB3.0対応かつ細めのシンプルな、ブラック・ホワイトから選べて699円で購入できます。

進化版に相当する「PowerLine II(Gen2)」より、若干細めで、値段が安くて、USB3.0対応のUSB-C to Aケーブルはこれ以外皆無に等しいです。

0.9mで長すぎず、若干細めで取り回しが良いので、PCとAndroidデバイスのデータ転送などを主に、もっぱらメインで使ってます。

シンプルかつ安いのでおすすめです。

PowerLine II 3-in-1

USB-Micro Bのデバイスを充電する為だけに購入しました。

旧規格のMicro Bの為だけに、Micro Bのケーブルを増やすにはとても嫌だったので、USB-Cにも使える「PowerLine II 3-in-1」はその手の悩みを解決してくれて、割と重宝してます。

電圧3Aが上限かつ、USB2.0でデータの転送が遅いこと、価格が2,000円と…たかがUSB2.0のケーブルの分際でぼったくりなことを除けば、取り回しがしやすく多様なデバイスの充電ケーブルを「PowerLine II 3-in-1」1つで賄える点はとても気に入ってます。

正直、本当に2,000円は強気な価格設定だと思うので、定価ではおすすめしません。

PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2)

USB PDでの高速充電と、USB3.1 Gen2での高速伝送が魅力だったので購入したケーブルです。

現在は、ほぼ充電専用になってます。

というのも、USB3.1 Gen2に対応した反動でケーブルが想像より太かったので取り回しが悪いので、データ転送は「PowerLine USB-C & USB-A 3.0」がメインになってしまいました。

将来的にはGen2対応製品やPDがメインになってくる事を考えて、1本程度持っておくと便利だと思います。

PowerCore Fusion 10000(充電器)

モノを減らすことが趣味…というか無駄を省きたく、モバイルバッテリーとACアダプターを別々で持つことをやめる為に購入しました。

「PowerCore Fusion 10000」購入以前は「RP-PC133」と「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」を使っていました。

一々、ACアダプターからモバイルバッテリーを充電するという行為と、ACアダプターをコンセントに挿さないと充電できないという煩わしさが「PowerCore Fusion 10000」の導入で解消でき、かなり満足してます。

何気なく、時計や財布と一緒にスマホを置いている場所で、わざわざコンセントにACアダプターを挿さなくても充電できる…所謂”持ち運べるACアダプター”がこれ程便利とは思っていなかっただけに、余計気に入ってます。

USB PDや12Wでの充電と、定電流モードでの充電がボタンを2回押すだけで切り替えられるので、スマホを含めたマルチなデバイスの充電で活躍してくれます。

難点はネット上の意見やレビューでも指摘されているように、ACアダプタとしてはデカく、モバイルバッテリーとしては重いことですかね…。

私個人としてはモバイルバッテリーとしては使用していないので、ポータブル性に関しては言えませんが、初めて「PowerCore Fusionシリーズ」を触った身としては「本当に噂通り想像よりデカい」と思いました。

普段の使用感

普段は、使用するデバイスの充電規格に合わせて「PowerCore Fusion」とケーブルを取り出して使ってます。

PD対応デバイス以外は「PowerCore Fusion」と「PowerLine II 3-in-1」だけで事足りるので、特に考えなくても良いので楽です。

使用しない場合は、小さいカゴの入れ物にまとめて収納してます。

あとがき

とりあえず「Anker」製品ばかり購入しているので、全部「Anker」で揃えてますが「PowerCore Fusion」と「PowerLine II 3-in-1」の組み合わせは、普段使い及び緊急時でも柔軟に対応できて便利なのでおすすめです。

余談ですが「Anker」の製品自体は優秀なモノが多く、手頃な価格で気に入っているのですが、製品名…どうにかならないんですかね。

正直、長すぎるし、どれがどれだか分からなくなります。もう少しシンプルな名前に変更して頂きたい所。