【レビュー】割とマトモに使えるローエンド「Xiaomi Redmi 9T」

Android

定価だと1万円台半ばで購入可能なローエンド端末ですが、MIUIや最新ローエンドが気になったので、iijmioのMNPキャンペーンで「Xiaomi Redmi 9T」を一括110円で購入しました。

1ヶ月弱使ってみたので、主観多めでレビューします。

「Xiaomi Redmi 9T」

スペック・仕様

製品名Redmi 9T
カラーオーシャングリーン/カーボングレー
サイズ高さ 162.3mm
幅 77.3mm
厚み 9.6mm
重さ198g
ディスプレイ6.53 FHD+ドット・ドロップ ディスプレイ(IPS液晶)
2340×1080 395ppi
60Hz
アスペクト比 19.5:9
コントラスト比 1500:1
輝度 400 nits(typ)
サンライトモード
色温度調整/標準モード/読書モード 2.0
TUVラインランド/低ブルーライト認証/Widevine L1認証
OSMIUI 12(Android 10準拠)
SoCQualcomm Snapdragon 662(11nm)
RAM4GB(LPDDR4X)
ROM64GB/128GB(UFS 2.1)
カメラ・4800万画素 メイン(1/2インチ、F1.79)
・800万画素 超広角(F2.2)
・200万画素 マクロ(F2.4)
・200万画素 深度センサー

・800万画素 フロント(F2.05)
バッテリー6.000mAh(有線リバース充電/18W急速充電対応)
ポートUSB Type-C(2.0)
セキュリティ・サイド指紋センサー
・AI顔認証
ネットワーク・デュアルSIM+microSDカード対応 トリプルスロット

・2G GSM: B2/3/5/8
・3G WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
・4G TDD-LTE: B38/40/41(2545-2650MHz)
・4G FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

・Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(802.11a/b/g/n/ac)
・Bluetooth 5.0
オーディオ・デュアルスピーカー
・3.5mm イヤフォンジャック(Hi-Res Audio認証)
センサー・近接センサー
・周囲光センサー
・加速度センサー
・電子コンパス
・振動モーター
・赤外線ブラスター
その他・防水/防塵/FeliCa/無線充電は非搭載。
・デュアルスピーカーかつ「Hi-Res Audio認証」だが「Dolby Atmos」には非対応。
・SoCのファウンドリは恐らくSamsungで、プロセスルールは「11nm FinFET」。

MVNO各社にて1~110円などで、絶賛投げ売り中。
ライバルは、OPPO「A73」や「A5 2020」。

開封・内容物

何故か、日本では未発売のブルーがパッケージを飾ります。(どうみてもオーシャングリーンではない)

内容物は「本体/ACアダプタ/USB Type-Cケーブル/SIM取り出しツール/ソフトケース/ユーザーガイド」。

付属品ながら、18W急速充電可能なアダプタとケーブルが付属。

画面保護フィルムも装着済みで、ケースまで付属…と、至り尽くせりです。

外観

在庫の関係で、今回は「オーシャングリーン」を選択しました。

「Redmi」のロゴと、反射が独特なテクスチャ加工が目を引きます。

港で言われている通り、指紋が目立ちにくく、デザインや質感も悪くないです。

カメラは、深度センサーを含めたクアッドカメラ構成。

ローエンドクラスでも、すっかり4眼カメラが当たり前になりました。

本体上部に赤外線ブラスター/イヤフォンジャック/マイク、下部にはスピーカー/Type-C/マイクがあります。

本体右側面に音量ボタン/電源一体指紋センサー、左側面にデュアルSIM+microSDカード対応のトリプルスロットがあります。

6.53インチかつ198gなので、人によっては「デカいし重い」と感じると思います。

中華スマホとしては普通ですが、5.1インチの「Rakuten Hand」と比べると、その差は一目瞭然です。

「MIUI」の独特すぎる仕様

初「Xiaomi」「MIUI」で割と楽しみにしていましたが…。

ハッキリ言ってメリットよりデメリットが悪目立ちする、「MIUI」は無駄なカスタマイズAndroidだと思いました。

初期設定の段階で、何の意味があるのかよく分かりませんが「追加するアプリ」として、色々選択されてます。

アプリ内広告以外にも、Redmi提供アプリのインストールの有無を、何故わざわざ初期設定の段階で求めてくるのか。

コレガワカラナイ。

まぁ…アプリの追加とかシステムアプリは、adbコマンドで強制的に消すのでどうでもいいですが「MIUI」に対して最悪な印象だったのが「本当に一々鬱陶しい」ということ。

「承認と撤回」がONからOFFにしようとすると、その都度アプリ毎に「承認を撤回中」と表示され、撤回までに10秒程度待たされます。

また、apkによる提供元不明のアプリやUSBデバックをONにする度に、一々「危険」と警告メッセージと共にこれも10秒程度待たされます。

さらに、デフォルトでは「MIUIの最適化」が有効になっており、無効化しないとapkからアプリのインストールが出来ないクソ不便な仕様。

挙句の果てには「MIUIの最適化をオンにする」オプションが消える始末…。

ダークモードON時に壁紙などを含めて、勝手に調整し、オプションから一々手動で変更しないと戻らない、明らかに不便すぎる謎の仕様など…。

この仕様だけで「MIUI」は、ユーザビリティが最悪で無駄なカスタマイズUIだと思いました。

最近は、ガジェット系の情報メディアやYouTuberが「Xiaomiは原価率95%で、コスパ最強!」とか「Xiaomiしか勝たん」とか言って「Xiaomi最高!このコスパに他社は勝てん」…みたいな感じになっているのは、皆さんご存知でしょうけれど、こういった細かい部分はほとんど誰も取り上げないんですよね。

私のような使い方が少数派だとしても「本当に一々鬱陶しい」ので、この時点で「MIUI」並びに「Redmi 9T」に対する私の印象は、なんともまぁ…微妙でした。

いやまぁ…わかってれば対処できますけど…ね?

百歩譲っても、apk周りの仕様はいくらなんでもイカンでしょ。

がっつり使おうと思って設定始めて、この体たらくじゃ使う気失せます。

魅力的な機能もアリ

一部は酷い有様ですが、勿論「MIUI」には魅力的な機能もあります。

個人的に良いと感じたのは、スリープとロック画面周りの機能。

ダブルタップでスリープ解除→即顔認証の流れはとても便利です。

ロック画面のレイアウトを変更できるのも◎。

ディスプレイ最大輝度が低い

「Redmi 9T」単体で見た場合は気になりませんが、ディスプレイの輝度が最大400nitsとそんなに明るくないです。

パッと見、綺麗で明るいように感じますが…他機種と比べると見劣りします。

カメラ性能

「Redmi 9T」でどんな写真が撮れるのか、幾つか室内の写真を撮ってみました。

カメラに関しては、私があまり詳しくないので、あくまで参考程度です。

酷ですが比較用に、メイン機「P30 Pro」の写真も容赦なく載せておきます。

手持ちでフルオートにて、撮影しました。

広角

超広角

ポートレート(絞り値4.5)

望遠(8倍)

48MP vs 40MP

マクロ

夜景(暗所撮影)

素人なりの感想

比較対象が可笑しいですが、全体的に「Redmi 9T」のカメラはやや暗いです。

室内の明るさを最大にして「P30 Pro」と全く同じ条件で撮影した割に、ノイズも目立ちます。

しかし、流石「Xiaomi」のカメラソフトウェア。価格を考えれば十分です。

ポートレートの精度も、専用のセンサー搭載とはいえボケ感がパッと見では「P30 Pro」と大差ないです。

オートフォーカス速度も中々ですし、明るさが暗いとは言いましたが色合いは自然です。

夜景は、センサーサイズや諸々で差が如実ですが、拡大しない限り目も当てられない程ではないです。

「Redmi 9T」の望遠性能は最大デジタルズーム8倍までで、専用のペリスコープレンズを搭載した「P30 Pro」と比べるのは酷すぎるので触れないでおきます。

1万円台のローエンド端末で、ここまで普通に見れる写真が撮れて、しかも4眼なので日常の大半のシチュエーションに対応でき、使い勝手が良いです。

地域を変更することで、カメラを無音化できるのもGood。

1万円台のスマホのカメラといえば、スナップショットにすら使えない「載せるだけ無駄」というイメージでした。

実際、数年前までの1万円台「UMIDIGI」やキャリアのシニア向けスマホなどを触ってきた私としては「普通に見れる写真」が撮れるだけでもびっくりです。

今は、ローエンドでも4眼やAIカメラは当たり前で、昔からは想像出来ないレベルで進化してます。

当時、無知で京セラ「DIGNO F」を使用していた私でもこう言ったでしょう。

「ま”ぢ?し”ゅ”ご”い””…」と。

ベンチマークテスト

Antutu(V8.5.7)

バージョン9以降だと、3Dベンチがlite版になったり色々アレなので、V8.5.7で計測しました。

18万点台で、2021年だとローエンドクラスの性能です。

旧型のハイエンドSoCだと「Snapdragon 820」辺りが同じ位の性能なので、約5年前のハイエンドと同等以上です。

過度の期待はしない方が良い性能ですが、動画再生やブラウジング、軽めのゲームならこなせます。

ストレージはUFS 2.1でリード515MB/s・ライト205MB/s…と、eMMC規格のスマホとは比べるまでもなく高速です。

リード500MB/sといえば、Sata接続SSD並の速度で、非力とはいえオクタコアの「Snapdragon 662」と相まって日常用途では結構サクサク動作します。

Geekbench 5 (5.4.1)

マルチプラットフォーム対応の定番ベンチマーク「Geekbench 5」での結果は、画像の通りです。

やはりミドル~ローエンド向けの600番台「Snapdragon」は、CPU性能以上にGPU性能が抑えられていて、OpenCLなどのグラフィックスコアが低い傾向です。

「Redmi 9T」を使ってみて

「MIUI」独特の使いにくさに、印象最悪でしたが…寧ろ逆にスイッチが入りました。

とことんメインやサブ機に近い仕様にカスタマイズして、それなりに使ってみました。

ざっくり「Redmi 9T」は、全ての性能が「特別語る程ではない」なんとも言えない性能です。

カメラが特別良いわけでも、ディスプレイが見やすいわけでも、デュアルスピーカーも正直微妙だし、SoCも非力だから特別語ることはないけれど「1万円台」で大体欲しい機能が”付いてはいる”のです。

2万円以下のスマホだとスピーカーはモノラルですし、解像度がHD+で、カメラもしょぼい端末がザラです。

ストレージもeMMCだし、simスロットは排他式で、急速充電もない…。

「Redmi 9T」全ての性能が「特別語る程ではない」けれど、意外と望む人の多い部分は削られていません。

用途的にサブか玩具向けですが、1万円台では割とマトモに使えて優秀なAndroid端末ではあると感じました。

MIUIや最新ローエンドが気になり触れてみたかっただけなので、私は持っていても用途的に「Redmi 9T」を使う予定はないのでそのうち嫁がせる予定です。

まとめ

「Xiaomi Redmi 9T」良い点

  • 64GB/128GBで、高速なUFS 2.1規格のストレージ。
  • ローエンドではあるが、1万円台では優秀なオクタコア「Snapdragon 662」
  • 6.000mAhの超弩級バッテリー。
  • 性能控えめ+6.000mAhで、駆動時間がとても長い。
  • 18W急速充電に対応。
  • プラスチックではあるが、悪くない背面デザイン。
  • 独特なテクスチャのおかげで、指紋が目立ちにくい。
  • 普通に見れる写真が撮れる、クアッドカメラ。
  • 物理指紋センサー、顔認証に対応。
  • デュアルSIM+microSDカード対応のトリプルスロット。
  • この価格帯では珍しいデュアルスピーカー搭載。
  • 6.53インチかつFHD+の解像度、値段の割に発色が良い。
  • 「MIUI」のツインアプリなど、意外と便利機能が使える。
  • 付属品が至り尽くせり。
  • 安さは正義。定価1万円の魅力。(MVNOであれば1円)

「Xiaomi Redmi 9T」欠点

  • 「MIUI」がとてつもなく無駄で不便な仕様が多い。
  • ディスプレイ輝度が暗い。
  • 写真はあくまで、値段の割に不満が少なく見れる程度。(謳い文句のPro級ではない)
  • 背面プラスチックかつオクタコア、Samsung 11nm?の弊害で普通に熱い。
  • 性能的にサブ機か玩具向け。
  • 128GBモデルが存在していながらUSB Type-C(2.0)。
  • 物理指紋センサーの精度は良いが、テンポが遅い。
  • MVNOで投げ売り価格の為、定価で買う価値が薄い。