【レビュー】割とマトモに使えるローエンド「Xiaomi Redmi 9T」

Android

定価だと1万円台半ばで購入可能なローエンド端末ですが、MIUIや最新ローエンドが気になったので、iijmioのMNPキャンペーンで「Xiaomi Redmi 9T」を一括110円で購入しました。

「Xiaomi Redmi 9T」

スペック・仕様

製品名Redmi 9T
サイズ高さ 162.3mm
幅 77.3mm
厚み 9.6mm
重さ198g
ディスプレイ6.53 FHD+ドット・ドロップ ディスプレイ(IPS液晶)
2340×1080 395ppi
60Hz
アスペクト比 19.5:9
コントラスト比 1500:1
輝度 400 nits(typ)
OSMIUI 12(Android 10準拠)
SoCQualcomm Snapdragon 662
RAM4GB
ストレージ64GB/128GB
カメラ・4800万画素 メイン(1/2インチ、F1.79)
・800万画素 超広角(F2.2)
・200万画素 マクロ(F2.4)
・200万画素 深度センサー

・800万画素 フロント(F2.05)
バッテリー6.000mAh(有線リバース充電/18W急速充電対応)
ポートUSB Type-C(2.0)
セキュリティ・サイド指紋センサー
・AI顔認証
ネットワーク・デュアルSIM+microSDカード対応 トリプルスロット

・Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(802.11a/b/g/n/ac)
・Bluetooth 5.0
オーディオ・デュアルスピーカー
・3.5mm イヤフォンジャック(Hi-Res Audio認証)

開封・内容物

何故か、日本では未発売のブルーがパッケージを飾ります。(どうみてもオーシャングリーンではない)

内容物は「本体/ACアダプタ/USB Type-Cケーブル/SIM取り出しツール/ソフトケース/ユーザーガイド」。

付属品ながら、18W急速充電可能なアダプタとケーブルが付属。画面保護フィルムも装着済みで、ケースまで付属…と、至り尽くせりです。

外観

在庫の関係で、今回は「オーシャングリーン」を選択しました。「Redmi」のロゴと、反射が独特なテクスチャ加工が目を引きます。港で言われている通り、指紋が目立ちにくく、デザインや質感も悪くないです。

カメラは、深度センサーを含めたクアッドカメラ構成。ローエンドクラスでも、すっかり4眼カメラが当たり前になりました。

本体上部に赤外線ブラスター/イヤフォンジャック/マイク、下部にはスピーカー/Type-C/マイクがあります。

本体右側面に音量ボタン/電源一体指紋センサー、左側面にデュアルSIM+microSDカード対応のトリプルスロットがあります。

6.53インチかつ198gなので、人によっては「デカいし重い」と感じると思います。中華スマホとしては普通ですが、5.1インチの「Rakuten Hand」と比べると、その差は一目瞭然です。

「MIUI」の独特すぎる仕様

初「Xiaomi」「MIUI」で割と楽しみにしていましたが…。ハッキリ言ってメリットよりデメリットが悪目立ちすると思いました。

初期設定の段階で、何の意味があるのかよく分かりませんが「追加するアプリ」として、色々選択されてます。

アプリ内広告以外にも、Redmi提供アプリのインストールの有無を、何故わざわざ初期設定の段階で求めてくるのか。コレガワカラナイ。

まぁ…アプリの追加とかシステムアプリは、adbコマンドで強制的に消すのでどうでもいいですが「MIUI」に対して最悪な印象だったのが「本当に一々鬱陶しい」ということ。

「承認と撤回」がONからOFFにしようとすると、その都度アプリ毎に「承認を撤回中」と表示され、撤回までに10秒程度待たされます。

また、apkによる提供元不明のアプリやUSBデバックをONにする度に、一々「危険」と警告メッセージと共にこれも10秒程度待たされます。

さらに、デフォルトでは「MIUIの最適化」が有効になっており、無効化しないとapkからアプリのインストールが出来ないクソ不便な仕様。挙句の果てには「MIUIの最適化をオンにする」オプションが消える始末…。

ダークモードON時に壁紙などを含めて、勝手に調整し、オプションから一々手動で変更しないと戻らない、明らかに不便すぎる謎の仕様など…。

この仕様だけで「MIUI」は、ユーザビリティが最悪で無駄なカスタマイズUIだと思いました。この時点で「MIUI」並びに「Redmi 9T」に対する私の印象は、なんともまぁ…微妙でした。いやまぁ…わかってれば対処できますけど…ね?

魅力的な機能もアリ

一部は酷い有様ですが、勿論「MIUI」には魅力的な機能もあります。個人的に良いと感じたのは、スリープとロック画面周りの機能。ダブルタップでスリープ解除→即顔認証の流れはとても便利です。

ディスプレイ最大輝度が低い

「Redmi 9T」単体で見た場合は気になりませんが、ディスプレイの輝度が最大400nitsとそんなに明るくないです。

パッと見、綺麗で明るいように感じますが…他機種と比べると見劣りします。

カメラ性能

「Redmi 9T」でどんな写真が撮れるのか、幾つか室内の写真を撮ってみました。酷ですが比較用に、メイン機「P30 Pro」の写真も容赦なく載せておきます。手持ちでフルオートにて、撮影しました。

広角

超広角

ポートレート(絞り値4.5)

望遠(8倍)

48MP vs 40MP

マクロ

夜景(暗所撮影)

素人なりの感想

比較対象が可笑しいですが、全体的に「Redmi 9T」のカメラはやや暗いです。

室内の明るさを最大にして「P30 Pro」と全く同じ条件で撮影した割に、ノイズも目立ちます。

しかし、流石「Xiaomi」のカメラソフトウェア。価格を考えれば十分です。ポートレートの精度も、専用のセンサー搭載とはいえボケ感がパッと見では「P30 Pro」と大差ないです。

オートフォーカス速度も中々ですし、明るさが暗いとは言いましたが色合いは自然です。

夜景は、センサーサイズや諸々で差が如実ですが、拡大しない限り目も当てられない程ではないです。

「Redmi 9T」の望遠性能は最大デジタルズーム8倍までで、専用のペリスコープレンズを搭載した「P30 Pro」と比べるのは酷すぎるので触れないでおきます。

1万円台のローエンド端末で、ここまで普通に見れる写真が撮れて、しかも4眼なので日常の大半のシチュエーションに対応でき、使い勝手が良いです。地域を変更することで、カメラを無音化できるのもGood。

1万円台のスマホのカメラといえば、スナップショットにすら使えない「載せるだけ無駄」というイメージでした。

実際、数年前までの1万円台「UMIDIGI」やキャリアのシニア向けスマホなどを触ってきた私としては「普通に見れる写真」が撮れるだけでもびっくりです。

今は、ローエンドでも4眼やAIカメラは当たり前で、昔からは想像出来ないレベルで進化してます。

ベンチマークテスト

Antutu(V8.5.7)

バージョン9以降だと、3Dベンチがlite版になったり色々アレなので、V8.5.7で計測しました。

18万点台で、2021年だとローエンドクラスの性能です。旧型のハイエンドSoCだと「Snapdragon 820」辺りが同じ位の性能なので、約5年前のハイエンドと同等以上です。

ストレージはUFS 2.1でリード515MB/s・ライト205MB/s…と、eMMC規格のスマホとは比べるまでもなく高速です。

Geekbench 5 (5.4.1)

マルチプラットフォーム対応の定番ベンチマーク「Geekbench 5」での結果は、画像の通りです。

やはりミドル~ローエンド向けの600番台「Snapdragon」は、CPU性能以上にGPU性能が抑えられていて、OpenCLなどのグラフィックスコアが低い傾向です。

「Redmi 9T」を使ってみて

ざっくり「Redmi 9T」は、全ての性能が「特別語る程ではない」なんとも言えない性能です。

カメラが特別良いわけでも、ディスプレイが見やすいわけでも、デュアルスピーカーも正直微妙だし、SoCも非力だから特別語ることはないけれど「1万円台」で大体欲しい機能が”付いてはいる”のです。

2万円以下のスマホだとスピーカーはモノラルですし、解像度がHD+で、カメラもしょぼい端末がザラです。

ストレージもeMMCだし、simスロットは排他式で、急速充電もない…。「Redmi 9T」全ての性能が「特別語る程ではない」けれど、意外と望む人の多い部分は削られていません。

用途的にサブか玩具向けですが、1万円台では割とマトモに使えて優秀なAndroid端末ではあると感じました。あと、変態向けですけどブートローダーアンロックしてROM焼き機にしても良いかもしれません。