「Google Play」の上位互換な代替アプリ「Aurora Store」

Android

少し前に「Google Play」の代替として「APKPure」について触れました。

「APKPure」は、ラインナップも充実していて「Google Play」では対応していないアプリもインストールできて結構使えるアプリでした。

ただ、広告が鬱陶しいことと、一部のVerがマルウェアの可能性がアリ、端末からはアンインストールしました。

そこで、もう一つメジャーな「Aurora Store」が気になったので、試してみます。

「Aurora Store」について

「Aurora Store」は「Yalp Store」の姉妹的アプリで「Google Play」の非公式なFOSSクライアントアプリです。

「Google Play」のオープンソースな代替アプリとして、定番中の定番であり、多くの使用者がいます。

機能的なインターフェースで、アカウントにログインせずとも匿名状態での使用可能です。

ダウンロードリンク

インストール

今回は「Uptodown」から、「Aurora Store」のapkファイルをダウンロードしました。

「Aurora Store」の初期設定

インストールした「Aurora Store」を起動します。

「利用規約」の同意を求められるので、同意。

「インストーラ」の選択に移りますが、デフォルトのまま進めます。

次に「テーマ」と「アクセント」の選択をします。(後から変更可能)

最後に、「Aurora Store」に各種アクセス権限を承認して初期設定完了です。

ログイン方法を「Google」か「匿名」から選択すれば「Aurora Store」を利用できるようになります。

ログインしなくてもほぼ機能的に不便はなく、寧ろ匿名で使えることがメリットなのでログインしなくても良いです。

アプリを起動

ホーム

「Aurora Store」を開いた画面はこんな感じです。

「Google Play」と違い、無駄な書籍やイベント、クソデカ広告がなくマフィア・シティの広告もないので、シンプルでスッキリしてます。

左上のメニューバーから「マイアプリ&ゲーム」や「設定」などを開けます。

「アプリ」「ゲーム」では「Google Play」などのようにランキングがあったり、おすすめが表示されたりします。

「更新」から、端末にインストールされているアプリに更新がある場合、更新できます。

マイアプリ&ゲーム

「Google Play」のマイアプリ&ゲームは、以前のバージョンでは使いやすいものでしたが、更新で「概要」「管理」に区別され、インストール済みアプリと未インストールの管理などが若干使いにくくなりました。

「Aurora Store」では、更新画面とマイアプリが別で分けられていて、またインストール済みのアプリのみが表示されるためシンプルで使いやすいと感じました。

「Aurora Store」の設定

設定から、「フィルタ」や「個人用設定」が好みに変更できます。

フィルタ

検索結果、カテゴリ表示から「Googleアプリ」を除去したり、「F-Droidアプリ」をリストから取り除けたりします。

デフォルト設定で問題ないです。

インストール

「インストール方法」でapkのモード選択と、中止(中断)したセッションを強制クリアできます。

「インストール方法」の選択は特別理由が無い限り、デフォルトのセッションインストーラが無難です。

個人用設定

「テーマ」「アクセント」によるアプリの見た目の変更やレイアウト、クイック終了などの設定。

「クイック終了」は、一々画面を2回スワイプしなくて良くなるので便利。

「おすすめアプリ」は不要なのでOFF、「似たアプリ」は関連アプリを探す場合に使うのでONにしてます。

ダウンロード

ダウンロード(エクスポート)先に外部ストレージを指定したり、インストール後のapk削除をON/OFF切替、同時ダウンロード数の変更設定。

apk削除のON/OFF切替とダウンロード(エクスポート)先の指定は、排他式になっていて、どちらかをON/OFFにしかできないです。

同時ダウンロード数は最大12まで増やせますが、結局の所は通信回線、SoCの通信処理性能、ストレージの書き込み性能に左右されるので、むやみに増やしても効果は薄いです。

4~6くらいで良い気がします。

ネットワーク

端末で「GSF ID」(Google Services Framework ID)を生成できる設定。

恐らく、デバイスのスプーフィング(デバイスのフリ)に関する機能。

更新

アプリ更新の拡張設定。

ONにすることで、無効になっているアプリの新しいバージョンも探します。(多分不要)

使ってみて

「Aurora Store」を使ってみて、ざっくり用途次第では「Google Play」の上位互換な代替として使えると思いました。

「Google Play」と違い、無駄な書籍やイベント、クソデカ広告がなく…マフィア・シティなんかの邪魔な広告もないのでシンプルかつスッキリしていて、更新画面とマイアプリが別で分けられてもいて、インストール済みのアプリのみが表示されるため、とても使いやすいです。

「設定」から好みに合わせてカスタマイズが可能で、ダウンロード数の変更、無効化していてもアプリ内容の更新ができる「Extended updates」は、人によっては使える機能だと思います。

「Google Play」で配信されていないアプリや、一足先にアップデートが利用できるのも大きなメリット。

何よりアカウントにログインせずとも匿名状態での使用できるのはとても便利です。

検証時や、Googleアカウントにログインしたくない端末でも「Google Play」と同等以上の機能が「Aurora Store」をインストールするだけで匿名で使えます。

またGMSに依存していないアプリなので「Nova 5T」以降の「Mate 30Pro」などのHuawei端末や、AndroidベースのカスタムOSで格安な「Amazon Fire タブレット」で「Google Play」代替として十二分に機能します。

まぁ…アプリ次第では開発者サービスを要求されるかもしれませんが。

ブラウザからapkを拾ってくる場合と違い、ストアアプリなので更新時に通知が来るのも良いです。

まとめ

「Aurora Store」良い点

  • 無駄な広告がない。
  • オープンソースなソフトウェアなので、比較的安全。
  • 「おすすめアプリ」「似たアプリ」を必要に応じてON/OFF切替。
  • 「マイアプリ&ゲーム」が「Google Play」より使いやすい。
  • 「テーマ」「アクセント」によるアプリの見た目の変更やレイアウトの選択肢が多い。
  • ストアアプリなので更新時に通知が来る。
  • 「Google Play」にある大体のアプリはダウンロード可能。
  • スッキリしていてシンプルなインターフェイス。
  • アカウントにログインせずとも匿名で使用可能。
  • アプリ別に除外し、インストールの認識を無効化。
  • デバイススプーフィング(デバイスのなりすまし)機能。
  • GMSに依存していないストアアプリ。
  • 用途次第で「Google Play」の上位互換として十二分に機能する。

「Aurora Store」欠点

  • 比較的安全とはいえ、所謂「野良アプリ」なのでインストールと利用は自己責任で。
  • アプリ起動やアップデートが、ネイティブアプリではないため少しだけ動作が遅い。
  • 全てのAndroid OSで、アプリの動作が保証されているわけではない。