【プチレビュー】Type-C&A対応の安価なUSBメモリ「Lexar E32C」

プチレビュー

Type-C&A対応のUSBメモリ「Lexar E32C」を購入したので、プチレビューします。

「Lexar E32C」

類似品や有名メーカー品は、1,000円台ですが「Lexar E32C」はType-C&A対応で1,000円切っていたので、32GBを930円で購入。

ハサミで切るタイプの紙パッケージは個人的に嫌いですが、安いので気にしないことにします。

メモリ本体はとてもコンパクトで、回転させることでType-CとAを切り替えられます。

プチレビューなので詳しくは書きませんが、ざっくりしたスペックは下記の通り。

  • 最大読出速度100MB/s 最大書込速度30MB/s
  • USB3.2(3.0)
  • 40.5*12.2*7.2mm
  • 約8g(亜鉛合金ボディ)

使ってみる

「Lexar」の製品を、いきなりPCに挿すのは躊躇いがあったので取り敢えず、Androidスマホに挿入。

認識と容量は問題なかったですが、案の定要らないモノが入っていたので速攻でフォーマットしました。

FAT32にフォーマット後、Windows側で「CrystalDiskMark」を2回実行した速度結果は、画像の通り。

公称値は、Read100MB/s・Wrte30MB/sですが”ベンチマーク上”では大きく上回る数値が出ました。

ランダム性能も、32GBで900円のUSBメモリとしては健闘した数値です。

まぁ…実使用する、そこそこのサイズだと30~40MB/sを行ったり来たりして、80MB/sなんて出ませんが。

速度を求めるならSamsungとかSanDiskのSDカードとかUSBメモリの方が速度は出ます。

容量辺りの値段重視で購入したので、速度が振るわなくても特に不満はないです。

Type-C&A対応なのが良い

Type-C&A両対応は、メモリでも何でもそうですが1個はあると、それ無しでは生きれなくなるくらいには便利です。

USBメモリを介してデータ管理出来るので、ケーブルを毎回抜き差ししなくていいので楽です。

PC⇔Androidだけでなく、Android⇔Androidも容易です。

apkファイルだったり、PCにつなぐほどでもない軽いデータのやりとりがサクッと終わります。

あとがき

Type-C&A対応の安価なUSBメモリが1個欲しかったので、メモリー製品としてはすっかり影の薄れた「Lexar」の製品でしたが購入しました。

結果としては普通に使えて悪くないです。

「Amazon」で探した限り、32GBでType-C&A対応だと1,000円切っているのは無名中華か 「Lexar」 くらいでした。

Type-C&A対応に拘らなければ安いメモリは多いんですが、何故かType-Cを求めると32GBでも1,000円台がザラ。

Longsys社に売り飛ばされ、落ちるところまで落ちたとは言え下手な中華品よりは「Lexar」の方が、多少の安心感があります。

安価だし普通に使う限りは、Micron時代の物から粗悪になったとは感じないので、また何か買おうと思います。