【プチレビュー】USBポートを3.5mm(4極)に変換するアダプタ「PAA-U4P」

オーディオ

少し前にレビューした「EarPods with 3.5 mm」をPC用のヘッドセットとしても利用するために、USBポートを3.5mm(4極)に変換するアダプタ「PAA-U4P」を、Amazonよりは安かったので楽天で買いました。

ので、プチレビューします。

「PAA-U4P」

パッケージはこんな感じで、USBメモリとかアダプタに多いブリスターパッケージ。

中身は本体と取説兼保証書の紙ペラのみ。

本体の外観はこんな感じで、良くも悪くも「ただの変換アダプタ」といったデザイン。

似たような変換アダプターは中華品に多く存在していますが、ミヨシの「PAA-U4P」を選んだ最大の理由がこのサイズ。

約W23×H20×D10.5mmのコンパクトサイズで、よくある中華品の様にUSBメモリみたいな出っ張り具合にならない。

また、変換式の安い分岐ケーブルと違い、USB1口でポートが済む上にケーブルを分岐しないので、ポート周りがごちゃごちゃすることもない。

実際に「EarPods with 3.5 mm」を装着するとこんな感じに。

PCのUSB周りに接続した際の出っ張り具合は画像の様に。

想定通りポート周りがごちゃごちゃしてなくて良いです。

使ってみる

PCに指したら自動でドライバをインストールしてくれて「USB Audio Device」として、スピーカー・マイクそれぞれ認識。

どちらも48000Hz16bitまでのサポート。

実際に「Discord」などで「EarPods with 3.5 mm」をヘッドセットとして利用できました。

音質について

一応USB経由のデジタル出力ではあるのですが…音質は悪くもないけど良くもない。

ノイズとかはUSBなので当然ないし、普通に音楽も聴けはする…のだけれど、まるで一昔前のノートPCのイヤホンジャックみたいな音って感じです。

低音がスッカスカすぎる。

私のPCのオーディオチップはRealtek ALC892でミドルレンジマザーでは定番の普通にそこそこ良い音が聴ける、普及帯の音なんですが…明らかにそれと比較するまでもなく音が悪くなります。

1200円程度のUSBアダプタなんで中のDACは格安チップなんだと思いますが、あんまり音に期待して買わない方が良いです。

むしろ、3.5mmジャックを分岐するケーブルの方がマザーボードのチップをそのまま経由するので、音が良いかと。

私のようにケーブルがゴチャるのが嫌で1ポートで済ませたいとか、ポート増設が目的の人以外はあまりオススメはしません。

あとがき

ちなみに、似たような安い中華品も少しマシか似たような音だと思います。

興味本位でチップを見たりしていると、大抵がRealtekのALC40xx系の一応96000hz/24bitに対応したチップを搭載していたりして「UGREEN」の奴を1つ試したことがあるんですが、やっぱりALC892などのミドルPC向けの方が音が良かったです。

古いPC(第4世代Core iシリーズ前後)のマザーのイヤホンジャックなどから軽いステップアップとか、ノイズ対策ならこの手のアダプタとかはありかもですけど。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場