「GLTools」を使って、実質的にAndroid単体でFPSを表示する

Android

Pixel 3をroot化したので「GLTools」を使って、Androidデバイス単体でFPSを表示してみました。

「GLTools」は、昔からAndroidでゴニョゴニョする人達の間ではよく使われたツールなので、今更私程度が記事を書いて紹介するほどでもないと思いましたが…「GLTools」を使ってFPSを表示することについて、ググっても皆無過ぎて参考にできる情報がなかったので記事にします。

「GLTools」について

「GLTools」は、ゲームのパフォーマンスや互換性を向上させるカスタムグラフィックスドライバーアプリ。

Androidでゴニョゴニョする人達がデレステを快適にプレイする為に、GPUを偽装したり、Android-x86環境で高解像度のデレステとかAndroidゲームをするのによく使われたツールです。

当時の名残りなのか「GLTools」でググってもGPU偽装かデレステ関連の情報しか出てきませんが、オーバーレイ表示でFPSカウンター機能が利用できるので、一定数Androidでゴニョゴニョする人達がfps計測に使ったりしてます。

rootが利用できないデバイスでも動作…と書いてますが、fpsを表示する場合はスーパーユーザー権限必須。

root化したAndroidであればデバイス単体でFPSを表示できます。

ダウンロードリンク

プロセッサーの関係でPC版のAndroid-x86で動作させる場合は(x86)、それ以外は(ARM)からダウンロードします。

設定

root化済みのAndroidデバイスで「GLTools」を起動し、Add gameかConfigureからfpsを表示したいアプリを追加。

ConfigureからGENERAL、FPSの項目へ進みます。

FPS counterを表示する場合はOn-screen(with graph)を選択。

counter locationはFPSカウンターを表示する位置の項目なので、表示したい場所を選択。

counter refresh timeで計測する時間(ms)の間隔を変更できます。

1000msなら1秒、500msなら0.5秒毎の間隔になります。

使ってみる

「GLTools」の無料版で各アプリを動作させる場合、1回1コインを消費します。

コインが0だと課金するかコインをゲットするか選ばされる(強制)ので、15秒位ある「GLTools」の広告を見てゲットします。

実際にPixel 3で原神を30・60fpsで動作させてみると、実動作に近いfpsを表示していました。

試したのがSnapdragon 845のPixel 3なので…60fps動作では負荷に耐えきれず30fpsもキープできませんが、fps低下時のカクつき含めて表示できています。

一通り試した後、fps表示させたアプリを終了すると「GLTools」へ戻り、コインが消費されていました。

使ってみて:万人にオススメはしないが…

一応、root化したAndroidであればデバイス単体でfpsを表示できますし、私がよく参考にする某ブログの方も「比較的正しい」と言っているように、この手の”FPSメーター系アプリ”では現状「GLTools」以外マトモなアプリがないです。

fpsメーターとしての情報は少ないですが、何人かAndroid端末のレビューやゲーム動作の検証に「GLTools」で表示したfpsを用いる方もいたので、比較的fps表示に使えるマトモなアプリだと思って良いとは思います。

但し万人にオススメできるかと言われると微妙で、root化すればAndroid単体でfps表示が可能ですが、結局Androidをroot化するのにadb環境のPCが必要なので「GLTools」を利用する為にはPCが必須です。

アプリ自体もコインを消費しないとfps表示に使えず、野良アプリなので色々と使い勝手に難ありです。

そもそもPC&root化が必須な時点でオススメはしません。

信用できるPCツールの「GameBench」や「WeTest PerfDog」を使うのが、Androidでfpsを計測するのには1番適していますが、あれらはあれらでやり取りが必要で「fpsを表示したいだけ」の場合は面倒です。

色々ゴニョゴニョできる人が簡易的にゲーム時のfpsを表示する為に使うのはアリ…というか「GLTools」以外選択肢があまりないです。

あとがき

取り敢えず、私の目的であった「scrcpy+msiアフターバーナー」を用いた、ミラーリングによる簡易的なfps検証の整合性を「GLTools」によって確認できたので、個人的には「GLTools」をわざわざroot化してまで導入する価値はとてもありました。

手間(root化やコイン獲得)の割に使い勝手は微妙なので、余程scrcpyで計測した値が可笑しくない限りは多用したいとは思いませんが…。