Magisk環境のAndroidで使える「AOSPMods」で、Pixelの無駄なスクショ音やナビバーを削除する

Android

PixelやモトローラなどのStock Android(俗に言うピュアアンドロイド)、AOSPベースのOSでUIを拡張できるらしいモジュールで個人的に興味があったので、ファクトリーROMに戻したPixel 3に導入しました。

※下書きから3ヶ月半経過&導入と設定を大雑把に把握してるだけなので記事内容はガバガバ。(お兄さん許して)

「AOSPMods」について

「AOSPMods」は、Stock Androidに近いAOSPベースのAndroid OSで通常は利用できないカスタムを可能にするために作成されたXposed+Magiskの混合モジュール…らしいです。

スクリーンショット音を無効化したり、ステータスバーやクイックタイルのカスタム、ロック画面にショートカットを追加したり…AOSPベースのROMで、色々ゴニョゴニョカスタムできるようになります。

動作には条件が幾つかあり…

  • Magisk導入後、AOSPベースの互換性があるAndroid 12、12.1(12L)、13
  • Magisk 24.2~でRoot化したデバイス
  • LSPosed(Zygisk)

が必要です。

いつも通り玩具にしているMagisk導入済みのPixel 3(Android 12)に導入しました。

ダウンロードリンク

【AOSPMods】

【LSPosed(Zygisk)】

導入

GitHubから「AOSPMods」と「LSPosed(Zygisk)」のzipファイルをダウンロード。

ダウンロードしたzipファイルをMagisk導入済みのデバイスにそのままコピー(移動)。

Magiskのモジュールから「ストレージからインストール」を選択し、コピーしたzipファイルから「LSPosed(Zygisk)」→「AOSPMods」の順にインストールします。(恐らく、どちらが先でも可)

「LSPosed(Zygisk)」はショートカット、「AOSPMods」はドロワーかホームにアプリアイコンがあるので、それらを適当な分かりやすい場所に設置して導入は完了です。

LSPosedからモジュールを有効化する

「AOSPMods」と「LSPosed(Zygisk)」を導入後、ショートカットからLSPosedを開きモジュールから、AOSPModsをタップし「モジュールを有効化」をON、Android 12のシステムUIにチェック。

有効化後、システムを再起動。

アプリから「AOSPMods」を開き、スーパーユーザー権限を許可すれば使えるようになります。

「AOSPMods」

「AOSPMods」を開いたトップメニューはこんな感じです。

各項目と右上のシステムUIの再起動を使って調整しながらゴニョゴニョします。

Status Bar時刻やバッテリーなどステータスバーの項目
Quick settings Panelプルダウンで出てくるクイック設定パネルの項目
Themingフォントやアイコンなどのテーマの項目
Lock screenロック画面の項目
Navigation Bar3ボタンやジェスチャーなどナビゲーションバーの項目
Miscellaneousその他、UIやシステム関連の項目
AOSPMods settings言語設定(Ver更新で機能追加アリ?)

Status Bar

時刻やバッテリーなど、ステータスバーのカスタム項目です。

項目内容
Doucle-tap to sleepステータスバーを開いた状態で、ダブルタップするとスリープ状態へ

Fine-tune center areaはエリアの微調整項目
Status Bar clock customizationステータスバーの時計部分をカスタマイズ

位置や秒での表示、カラーオプション等
Battery bar settingsバッテリーバーの設定
Battery icon settingsバッテリーアイコンの設定
Show Vibrate/Silent iconsバイブレーション/サイレントアイコンのON・OFF
Show number of unread messages未読メッセージの件数を表示/非表示
Status bar height(rotate screen to apply)ステータスバーの高さ調整(画面回転で適用)
Maximum notiflcation icons(Default is 4)通知アイコンの最大数(デフォルトは4)
StatusBar Paddingステータスバーのパディング(詰める)
Combined signal icons信号アイコンを統合
Show VoLTE icon when availableVoLTEアイコンが利用可能な場合は、VoLETで表示
LTE/4G IconLTE or 4Gアイコン表示の選択
Multi-row system icons
(needs higher statusbar height)
複数行のシステムアイコン(ステータスバーを高くする必要がある)
Enable networl monitorネットワークモニター(速度表示)を有効化

Quick settings Panel

プルダウンで出てくるクイック設定パネルのカスタム項目です。

項目内容
Apply light QS Panel When using light themeライトテーマを使用する場合に、ライトQuick settings Panelを適用
Enable dual tone QS PanelデュアルトーンのQuick settings Panelを有効化
QS Tile themesQuick settings Panelタイルのテーマを選択
Vibrate on QS tile tapQuick settings Panelをタップすると振動(バイブ)させる
Number of QS rowsQuick settings Panelの行数を指定
Maximum tiles in Quick QS(max 2 rows)Quick settings Panelの最大タイル
Internet TileWiFi&モバイルデータタイルを分離して使用
Reduce text size of QS TilesQuick settings Panelのタイルテキストサイズを縮小する
Modify build text number in QS panelQuick settings Panelでビルドテキスト番号を変更する
Hide brightness slider from Quick Settingsクイック設定から明るさスライダーを非表示にする
Show brightness slider on QQS PanelQuick settings Panelに明るさスライダーを表示する
Move brightness slider to the bottom明るさスライダーを下に移動させる
Use a thick track on the brightness sliderより太い(厚い?)明るさスライダーを使用
Quick QS panel pull down from status barステータスバーからQuick settings PanelプルダウンをON/OFF
Quick pull down widthクイックプルダウンの幅(範囲)
Quick pull down sideクイックプルダウンの側をLeft/Rightから選択
Enable network monitorQSPのネットワークモニター(速度表示)を有効化

QS Tile themesからポケ◯ンや忍者の手裏剣風のアイコンにできたり色々。Internet Tile以外、正直に言えば用がない。

Theming

フォントやアイコンなどのテーマ(外観)のカスタム項目です。

項目内容
Enable using custom fontsカスタムフォントの使用を有効にする
Icon Style適用したいアイコンスタイルを選択
Icon Shape適用したいアイコンの形を選択
Signal Icon ThemeWiFi&モバイルデータアイコンのテーマを選択
Chooose a styleダークテーマのスタイルを選択

OxygenOSっぽいアイコンスタイルやXperiaっぽいWiFi&モバイルデータアイコンもあり。

Lock screen

ロック画面のカスタム項目です。

項目内容
Enabled double-tap for lockscreen torchロックスクリーントーチ(フラッシュライト)のダブルタップを有効にする
Hide under-display fingerprint circle画面内指紋認証のサークル(アイコン)を非表示にする
Shuffle Pin0~9Pinコードの配列をシャッフル
Easy unlock(Pin/Password)正しいPin/Passwordを入力すると、そのままロック解除する機能

カスタムROMのクイックロック解除とかに相当
Hide circle around iconsアイコン(サークル)周りの円を非表示
Left・Right shortcut左右のショートカットに任意の機能を割り当てる
Ebable album art when playing mediaメディア再生時にアルバムアートを有効にする
Blur valueアルバムアートをぼかす値を調整
Grayscaleアルバムアートをグレースケール(灰色)で表示する
Configure carrier text – Top of the screenロック画面上部に表示されるキャリアテキストの設定

ONにすることで任意のテキストを割り当て可能に(日本語も可)
Clock area custom text時計エリアのカスタムテキスト

特別、必要性を感じた機能はないですが…アルバムアートは使えるんじゃないですかね。

Shuffle Pinは有効化したままにするとストレスでハゲそう。絶対要らない。

Hide under-display fingerprint circleはPixel 6シリーズなどの画面内指紋認証対応機で、認証時に表示されるサークルを透明化(非表示)する機能っぽいです。

Left・Right shortcutはそのまんま。任意(種類が多いとは言ってない)の機能を割り当てて下さい。

Navigation Bar

3ボタンやジェスチャーなどナビゲーションバーのカスタム項目です。

項目内容
Gesture navigation左右スワイプジェスチャーの高さを調整
3-Button navigation戻るボタン長押しで、フォアグラウンドアプリの終了を強制(ON/OFF)

感覚的に書くと、戻る1回タップ or 長押しどちらでもアプリを終了できるようにする機能
戻るボタンがホームとしても使えると言っても良いかも?
翻訳だと強制終了ではあるが、使った限りアプリを強制的に終了する機能ではない
Hide navigation barナビゲーションバーを非表示(ON/OFF)
Android TaskbarAndroidタスクバーを、デフォルト・強制的に有効/無効から選択

Gesture navigationで「Fluid Navigation Gestures(FNG)」程ではないですが、調整が可能。

Hide navigation barでAOSPでも独自UIの様にナビゲーションバーを非表示にできるので、バーに取られていた分のスペースを無駄にしなくて済みます。ナビバーなんて邪魔でしかないですからね。

Miscellaneous

その他、UIやシステム関連のカスタム項目です。

項目内容
Custom themed icons設定したカスタムテーマのアイコンを有効/無効化
Disable screenshot soundスクリーンショット時の音を無効化
Force-unlock all screen rotations全ての画面で画面回転を強制的に解除(有効化させる)

縦画面固定の場合でも横画面への回転を強制
Ignore the camera cutoutカメラの切り欠きを無視する
Volume steps(0 to 100%)音量の調整段階を0~100%で変更
SystemUI Tunerシステム設定にSystemUI Tunerを追加表示させる機能
Disable elastic overscroll effectAndroid 12以降のオーバースクロール効果を無効にする
Allow fingerprint sensor when the screen is off画面OFF時に指紋センサーを許可
Long press Power button for torch画面OFF時に電源ボタン長押しでトーチ(フラッシュライト)をON/OFF
Long press Volume buttons ti skip music画面OFF時に音量+ボタン長押しでメディアオーディオを先送り(スキップ)
Doubel-tap to wake phoneダブルタップでスリープ解除

(Pixelシリーズのシングルタップ解除を置き換え)
Add expand/collapse all buttonsすべてのボタンを展開/折りたたみを追加
Vibrate on outgoing call anwered発信コールが応答したときに振動させる
Vibrate when call disconnects通話が切断されたときに振動させる
Netwirk statistics settingsネットワーク統計設定

SystemUI Tunerを追加するとシステム設定の一番下にUI調整ツールが追加され、各ステータスアイコンを表示/非表示が可能になります。

使ってみる

Pixel 3の場合

Pixel 3に適用した設定はこんな感じです。

  • Android 12の汚点である、WiFi&モバイルデータタイルを分離化
  • ステータスバーのQuick settings Panelプルダウン(ステータスバーの1プルダウンで全て開いた状態へ)を有効化
  • ナビゲーションバーの非表示化
  • スクリーンショット時の音を無効化
  • オーバースクロール効果を「AOSPMods」からも無効化
  • シングルタップ解除を、ダブルタップでスリープ解除に置き換え
  • SystemUI Tunerから一部機能を非表示に

欲しかった機能だけ有効化して、殆どはデフォルトのままにしてます。

他の機能やカスタムアイコンは特別必要ではないのと「AOSPMods」のアップデートで、Pixel 3だと項目の変更時に毎回UIをリスタート(アプリ再起動)するので面倒くさくなりました。(多分おま環)

Pixel 6の場合

Android 13にも対応したので、メインで使っているPixel 6にも入れました。

  • Quick pull down width(全域100%指定)でクイックプルダウンを強制化
  • Hide under-display fingerprint circleで指紋サークルの透明化
  • Easy unlockの有効化(指紋失敗時にpinでの解除が楽になる)
  • Left shortcut(ライト)、Right shortcut(カメラ)を割り当て
  • Disable screenshot soundでスクリーンショット時の音を無効化
  • 設定にSystemUI Tunerを追加表示
  • オーバースクロール効果の無効化

Pixel 6に入れてから理解したのですが、Easy unlock(Pin/Password)は正しいPinを入力後、ホームへ移動する(ロック解除)ボタンを押さなくても勝手に移動してくれて便利だったので有効化してます。

何故かPixel 3と違い、WiFi&モバイルデータタイル分離化する項目が無くなっていて「AOSPMods」をぶちこんだ意味が薄れてる気もしてます。他にも痒い部分に手が届くので使いますケド。

Pixel 3で発生した項目の変更時に毎回UIをリスタート(アプリ再起動)する挙動は、Android 13のPixel 6では発生しませんでした。多分、デバイス次第で変わる模様。

カメラ音の無効化とかが出来るモジュールでナビバーを非表示化したので、Pixel 6では「AOSPMods」からナビバーは無効化してないです。

あとがき

英語オンリーなのでGoogle翻訳で全部の項目を人力で翻訳。

項目が多すぎるので1つ1つ、UIをリセットしながら確認&画像・文章作成。

普段書いてる記事の作業量より数倍工程が多いのと、後回しにしたせいで導入してから記事にするまで3ヶ月半掛かりました。

AOSPベースのAndroid 12以降だったら痒い部分を調整・変更できるので、導入自体はおすすめのモジュールです。

細かい部分の修正や安定性の向上は今後の更新に期待。(特に日本語対応)