Windows 11(10)でBluetoothの接続コーデックを確認する

PC

「TP-Link UB500」をレビューする際に、Bluetoothの接続コーデックをWindows側で確認する必要がありました。

誰もレビュー時に確認していませんし、重要な部分なのに軽視されがちでしたからね。

しかし…Androidなどの様にOS側からSBCやAACで接続されているか確認できれば楽なのですが、Windowsは何故かOS側から簡単には確認できないようになっています。

ですが、どうしても気になってしょうがなかったので、Microsoft製のツール「Windows Performance Analyzer」と「Windows Performance Recorder」を使って確認しました。

ので、WindowsでBluetoothの接続コーデックを確認する方法を記事に残そうと思います。

使うモノ

  • Windows 11(10)※AAC.apt-X(HD)サポートは10以降
  • PCIe・USBタイプのBluetooth送受信機
  • SBC.AAC(apt-X)の複数コーデック対応機器
  • Windows Performance Recorder(ログ取得)
  • Windows Performance Analyzer(ログ解析)

【参考元】

使用環境

一応、私のWindows 11環境のPC構成は以下の通りです。(Windows 11(10)のPCなら大体実行できるハズ)

CPURyzen 7 3700X@4.2GHz(1.3V)
CPUクーラーAMD純正 Wraith PRISM
マザーボードB450 STEELE LEGEND(P4.20)
メモリ8GB×4(DDR4-3,200MHz)
PATRIOT VIPERSTEELE
GPUASRock Radeon RX 6600 XT Challenger D 8GB OC
SSDSamsung 980 1TB(PCIe 3.0×4)
Samsung 860 EVO 1TB(SATA 3)
電源ユニット650W(80+Bronze)
玄人志向 KRPW-BK650W/85+
OSWindows 11 Pro(21H2)
BluetoothアダプターTP-Link UB500(Realtek RTL8761B)

ダウンロードリンク

Windows ADKをインストール

リンクからWindows ADKのインストーラーをダウンロードし、インストールウィザードを実行。

インストールパスを指定し「次へ」。

インストールする機能の選択画面に進むので「Windows パフォーマンス ツールキット」にチェックを入れ、インストール。(他が不要であればパフォーマンスキットのみに)

初期状態で画像と同じ状態なので、特に気にせずインストールで大丈夫です。

Windowsのアプリ一覧に「Windows Kits」、「Windows Performance Recorder」と「Windows Performance Analyzer」があればOKです。

Windowsターミナルを管理者権限で起動し、ログを取得する

Windowsターミナル(PowerShell)を管理者権限で起動します。

コマンド「wget https://github.com/Microsoft/busiotools/raw/master/bluetooth/tracing/BluetoothStack.wprp -outfile BluetoothStack.wprp」をコピペして実行。

そのまま「wpr.exe -start BluetoothStack.wprp!BluetoothStack -filemode」を追加し、実行。

「wpr.exe -start BluetoothStack~」を実行後に、コーデックを確認したいBluetooth機器をWindowsと接続。

接続したBluetooth機器で1~3分程度、メディアオーディオを再生。(音が確認できれば何でもOKです)

再生・確認後、ターミナル(PowerShell)に戻り「wpr.exe -stop BthTracing.etl」を実行し、ログの取得を停止。

「The trace was successfully saved.」の表示が出たらターミナル(PowerShell)を終了して構いません。

Windows Performance Analyzerでログを確認する

Windows Performance Analyzerを起動し、「File」→「Open」の順に選択。

先程、管理者権限のターミナル(PowerShell)で実行したWindows Performance Recorderのログファイルを選択。

(先程のコマンドであれば、ログファイルはCドライブにあるユーザー名のフォルダ内に保存されます)

ログファイルが読み込まれるので「System Activity」と出た部分をダブルクリックし、開きます。

開くとこんな感じの画面になるので、リサーチ(虫眼鏡アイコン)をクリック。

検索boxに「A2dp」と入力して「Find All」をクリックし、実行します。

取得したログの読み込みが開始されます。

リストを移動し、右側にある「A2dpStandardcodecID(Field 2)」「A2dpVendorID(Field 3)」「A2dpVendorCodecID(Field 4)」の部分を確認。

3つの数値によって、Bluetooth機器の対応コーデックを確認できます。

各コーデック毎の数値は以下の通りです。

コーデックA2dpStandardcodecID
(Field 2)
A2dpVendorID
(Field 3)
A2dpVendorCodecID
(Field 4)
SBC000
AAC200
apt-X255791
apt-X HD25521536

今回接続したデバイスは、SBCとAACをサポートし「Kirin A1」を搭載した開放型のTWS「HUAWEI FreeBuds 3」なので

SBCの「0.0.0」及び、AACの「2.0.0」がWindows 11側から確認できました。

「A2dp」では対応コーデックの確認ですが、接続中のコーデックを確認する場合は、Streamingの行に移動するか「A2dpStreaming」を検索することで、オーディオ再生中のコーデックを確認できます。

「A2dpStreaming」でもAACの「2.0.0」を確認できたので、AndroidだけでなくWindowsでも「FreeBuds 3」の仕様通りAACにてオーディオ再生できています。

また、SBC接続のみの「Echo Show 5」でもログを取得し、確認したところ

「A2dpStreaming」で、SBCの「0.0.0」のみが確認できました。

少し手間の掛かる確認方法ですが、取得できる情報はかなり正確です。

あとがき

手持ちの機器関係でapt-Xを試せていないのが申し訳ないのですが、多くのユーザーを悩ませ、またレビューなどで軽視されてきたWindows側でのBluetooth接続コーデックを確認しました。

ただ…「apt-Xであれば音質が優れていてSBCはゴミ」っていうのは、おとぎ話だと思っているので、私的にはあまりapt-Xに興味がないです。

18歳くらいまではSBCとかあり得ないって思ってましたが…謝花ミカさんの記事やapt-Xの優れている部分を自分で言語化できないし、結局はQCCやA1などのBluetooth SoC(SiP)、DAC、ドライバーサイズやハウジング(エンクロージャー)形状がモノを言うのでどうでも良くなりました。

いつものことながら、検索上位に君臨していて「確認方法を解説・紹介」を謳うページを見ても大半がクソです。

「Windows Bluetoothコーデック 確認」でググっているのに、酷いものばかりで「これ」とか「これ」とか「これ」、挙げ句の果てには「コーデック確認方法は難解なのでやる必要はない」とまで書いてる記事がトップページです。

「TP-Link UB500」をレビューする際も、他の方が書いた情報をチェックするのですが…結構大事な部分であるコーデックの確認している人はいなかったです。おまけに実機レビューなしでSBCにしか対応していないと書く人までいましたし。

ちょっと調べれば”私のような末端のぴちぴち20代の若造ですら”辿り着ける情報を金や商品提供を受けていて、私の「りとらいん」より運営年数のあるメディアの大人連中が、マトモな情報を書かずにいることが腹立たしいです。

全員漏れなく、キーボードが「あ」と「ほ」しか押せなくなる呪いにかかればいいのですよ。