MicroGやManager不要、YouTube ReVanced ExtendedのMagisk Module版を導入する

Android

前にModule版のYouTube ReVancedを入れる記事を出しましたが、導入した自分の端末での更新はMagiskに任せて他のことを優先したので、記事のメンテナンスが疎かになりパチモンのリンクを貼っ付け…。

Playストアからの切り離しも不十分なままで、これらをまとめて解決・更新すべくReVanced Extended(Magisk Module版)の記事へ作り直します。

ReVanced Extended(Magisk Module版)

【DeepLで翻訳した特徴(ざっくり)】

  • 現在・将来のすべてのReVancedおよびReVanced Extendedアプリをサポート
  • Magiskモジュールと非root APKをビルド(記事で扱うのはモジュール版)
  • アプリやパッチの最新バージョンを毎日更新、Magiskアプリからアップデート
  • APKとモジュールのサイズを最適化、無効化されたodexを再コンパイルして高速化
  • セーフティネットを破壊、ルート検出をトリガーしない
  • 純正アプリの正しいバージョンのインストールを処理
  • MagiskとKernelSUをサポート

【必要なもの/前提条件】

  • adb/fastboot環境のPC
  • MagiskやKernelSU導入済みのAndroid端末(記事ではPixel Experienceを焼いたalioth:POCO F3を使用してます)

導入・インストール

GitHubから”youtube-revanced-extended-magisk-v✕✕✕-all.zip”と”zygisk-detach v✕✕✕.zip”をダウンロードし、Magiskで2つのモジュールをインストールしてデバイスを再起動。

zygisk-detachのためにMagiskでZygisk、KernelSUの場合はZygisk NextでZygiskを有効化しておきます。

再起動後、YouTubeのように振る舞っているReVanced Extendedがあれば、ReVanced Extended(Magisk Module版)”の”導入はOKです。

GoogleアカウントにAndroid OS側でログインしてあれば、ReVanced Extended(Magisk Module版)でもそのままログインされ、ReVanced Extendedとして普通に使えます。

zygisk-detachでストアから切り離す

モジュールを入れただけでも一応は使えますが、Playストアからシステムレベルで追加した”YouTube”扱いされるのでzygisk-detachで切り離して、Magisk以外で更新されないようにします。

adb/fastboot環境のPCとReVanced Extended+zygisk-detachを導入したデバイスで、USB(ワイヤレス)デバッグを有効化し、ターミナル(PowerShell)で”adb shell”→”su -c detach”の順に入力。

初回の場合は”adb shell”の段階で、シェルがスーパーユーザー(root)権限を要求するので許可します。

”su -c detach”の後に、5つの選択項目が出るので1.Detachを選択。半角で1キーを入力すると紫のapp:表示になるので、切り離すYouTubeのパッケージ名”com.google.android.youtube”を入力。

入力→Enterで実行されます。メッセージにも出ますが、変更はすぐ適用されるので再起動は不要です。

zygisk-detachで切り離しが適用されていれば、YouTube(システム)としてストアの更新一覧にあったものが”更新無し”に変わります。(アプリを選択しか書かれて無かったのでとりあえずパッケージ名でやってます)

j-hc=サンが、minよりzygiskの方が信頼性が高い(意訳:zygisk版をどうぞ)としてるので、MinDetachはサヨナラしてzygisk-detachで切り離した方が無難です。

あとがき

ReVancedの記事でソースの確認とか情報収集・メンテナンスが適当になってて申し訳無い…。

とりあえずReVanced Extended(Magisk Module版)は暫定的で、使える間は使わせて貰う…という感じです。